自分に合ったダンベルで毎日筋トレ

カテゴリ

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

サブメニュー

ダンベルセットの選び方

自宅で筋トレをするときに役立つ筋トレグッズにはたくさんの種類があります。それぞれどこの筋肉を鍛えるかによって使い分けるので、多くの筋トレグッズを持っている方もいるかもしれません。では筋トレを始めたばかりの初心者にはどんなものがいいかとなったときに一番最初に思い付くのはダンベルセットです。
ダンベルセットは多くの方がダンベルと聞いてイメージする重さが変えられないダンベルがたくさんあるわけではなく、重さが変えられるダンベルのことをダンベルセットと言います。筋トレには負荷をかけることが重要なのですが、最初から無理に負荷をかけると怪我の原因になってしまうので、軽いものから徐々に重くできるダンベルセットは初心者に最適なのです。
ではどんなダンベルセットを選べばいいかという悩みもあるでしょう。家で使う前提ならダンベルにラバーがついているものがいいでしょう。ラバーとはゴム製のもので、ダンベルを万が一落としたときに被害を軽減する役割を持ちます。なのでラバーがついているものがいいでしょう。
さらに重さが軽すぎるものは筋トレの意味がないので、自分が思うより少し重たいものを選んで負荷をきちんとかけてあげましょう。ダンベルセットは筋トレをする上であった方がいいものなので、ぜひ自分にあったものを購入してみてください。

ダンベルって気持ちが良い

多くの方が腕立て伏せや腹筋など、自重トレーニングしかしたことないのではないでしょうか。私もその一人で、ダンベル使ったって使わなくたって効果は一緒だろと思いながらも、勢いで20kgセットのダンベルを購入してみました。
届いて最初に思ったのは、重い、ということ。ダンボールの中に20kg×2の40kgの重さが入っているとのことで、これを使って筋トレなんて、素人のくせして粋がっちゃったなと思ってました。そして開けてみるとおよそ10個の鉄のプレートがと、棒が2本。興奮して、早速棒にプレートをつけて片手で5kgのダンベルを持ち上げようとしましたが、全然上がらず。変なところに力が入ってしまって腰や首を少しおかしくしました。
今思えばこれは普通使わない筋肉が刺激されていたんだなと思います。それからというものの、2日に1回程度に筋トレをしていて、今までの自重トレーニンググが無意味かと思わせるほど、簡単に効果ができました。私の場合、有名動画サイトのダンベルを使用した筋トレ動画を見ながらの筋トレでしたが、1日寝て起きたら、必ず筋肉痛で、ダンベルを握りしめて持ち上げるときの辛さとおろしさときのジワーと広がる痛みがたまらなく快感です。腹筋、腕立てであまり効果がなくて困っているという方は、今すぐにダンベルを購入すべきだと、私は思います。

イチオシ記事